スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

God Jul

こんにちは!!
スウェーデンからリーダーの野間がクリスマスレポートをお送りします。
僕は今、スウェーデン南のスコーネという地域の小さな街Rörumに来ています。
クリスマス休暇に友人のLoveが実家に招待してくれたのです。
Rörumはストックホルムから電車で6時間と車で1時間。
夜遅くに到着するとさっそくスウェーデンの伝統的な料理、
ヤンソンさんの誘惑を作ってくれていました!
自分でも作ったことあるのですが、本場の味はもちろん美味しいです。
IMG_8666b.jpg
こちらに来てからも毎日いろんなことが起こっています。
こちらのクリスマスは家族揃って家でゆっくり過ごすのが一般的です。
日本で言うとクリスマスよりはお正月のイメージが近いです。
みんな1、2週間の休暇をとっていてその間ずっとクリスマスの雰囲気です。
スウェーデンの伝統的な料理をみんなで作ったり、
りんご園や遺跡に行ったりハイジレベルの牧場や丘を歩いたり、
セッションやコンサートしたり。
いろいろありますが、今回は23日のことを。
(他の話は自分のブログに書くかもしれません。)
Loveのお家では毎年家族でクリスマスツリーを切りに行くということで、
この日はモミの木切りに出かけました。
隣のお家の森に出かけて木を切るとのことで、お隣さんに挨拶を入れた後は森に向かいます。
途中、日本の古い着物生地を使った洋服店や近所の銀細工のアトリエによってはおしゃべり。
こんな田舎なのに(失礼!)どのお店もすごくおしゃれで、
ご近所さんは音楽家、サウンドエンジニア、作家、陶芸家などなど、、、。
鶏や羊の群れ、風車、遠くには海。
P1070337b.jpg
そして、すぐそこときいていた森は寄り道したとはいえ、片道30分以上かかったと思います。
いくつも丘を越えてまっすぐの道を行くと、道を逸れて森に入ります。
たまに岩が綺麗に積んであるのですが、それが敷地の境界線。
P1070355c.jpg
今年は変な気候らしく、すごく暖かい。全然雪がありません。
道なき道をしばらく行くと、ありました手ごろなサイズのもみの木たち。
やっと到着でさあ切るぞと思ったら、Fikaだそうです。
アップルグロッグとジンジャークッキー、サフランスコーン。
森の中は格別です。
どの木がいいかという話になり、
普通のまっすぐな木より、曲がっている奴の方が面白いということに。
僕の妄想イメージでは大きな木を斧で、、、なのですが
実際には家に入るサイズのものをのこぎりで切ります。
切り始めたら1分もかかりませんでした。
P1070391b.jpg
採れました!!!
帰ってたらサウナ!のちのディナー、そしてツリーの飾り付けです。
飾りの半分以上が手作りのもので、素朴で可愛いです。
そして当日にはモミの木の上に本物のキャンドルが飾られます。
日本の家ではよく燃えそうなそんな組み合わせは見たことがないです。
IMG_8692c.jpg
大晦日のごとくみんないつ0時になるかと時計を気にします。
まだ23→24日ですよ。
そしてその時になるとグッユール!(スウェーデン語でのメリークリスマス)と言い交わすのでした。
今年すでに300回は言った言葉です。
皆さん、God Jul !!
-Menu-
-Live Info-
-Calendar-
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
-Access Counter-
2010年9月27日から計測開始!
-Twitter-

Drakskip < > Reload

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。