Väsen 25周年

ヴェーセン25周年日本公演を見てきました!それも神戸、東京と二本分。
今回は野間が、単に思いの丈を書きつけますよ。
 

ヴェーセンは僕がドレクスキップを作るきっかけになったバンド。
そして僕らドレクスキップが共有する、最もリスペクトする存在。
詳細はこちらへ
日本の公式サイト➡︎http://www.mplant.com/vasen/
本国の公式サイト➡︎http://www.vasen.se/


初めて聴いた時、この3人はなんて楽しそうに、芸術的な音楽を演奏するんだ!と衝撃を受けた。

今思えば、僕の人生の真ん中が音楽になった瞬間だった。


今年はヴェーセンの来日8回目、結成25周年。僕自身も来日公演を追いかけたり、スウェーデンで見たり、メンバーそれぞれを訪ねたりと、憧れの存在は身近になった。

でも、演奏を見る度思う。
その音楽は全然近くならない。
僕らの追随を微塵も許さない。
もちろん全く同じ方向性ではないし、年齢的にも同じアプローチをする必要はない。
それでも、彼らの演奏をみる都度
驚きと感動を悔しさとともに味わう。


今回のライブでも
縦にも横にも斜めにも
グルーヴが柔軟に伸び縮みし、
ピッタリと合わさった上で
付かず離れずそれぞれの演奏を繰り広げる。

洗練された上でユーモアがある。
パフォーマンスでもエンターテイメントでもない、他でもない
純粋な音楽で表現する。
楽し過ぎて、美し過ぎて、眩しい。


東京公演では初めてJPPを見ました。
こちらはヴェーセンよりもキャリアが長い、フィンランド伝統音楽にとっては歴史的バンド。
フィドル4人に足踏みオルガンとベースという編成。楽団的です。
ヴェーセンが洗練を極めているのに対し、ちょっと田舎感や緩さを残し、
ユーモアがたっぷり。
曲的には超早弾き的ハードな曲もアリ。
こちらも10年以上前に手に取り愛聴していたバンドだったこともあり、しみじみ味わいました。思わず笑っちゃう楽しいバンド!

個人的にはオルガン/ピアノのティモ・アラコティラ氏が作曲家として尊敬する一人。

彼に関しては初見ではありませんでしたが、彼の新作フィンランドタンゴ曲は洗練されたメロディとダイナミックな構成で痺れました。こんな曲をさらりと演奏するJPPはやはりすごい。


素晴らしい音楽を見た後は
自分も音楽をしたくてたまらなくなる。
超個人的目線では、やはり心の師匠ミカエルの進化をチェック。
自分の演奏もフォームから見直すことにします。
まずは〆祭で、
少しでも良い演奏が出来るように。


ヴェーセン、25周年おめでとう。
僕らはまだ8年半です。
-Menu-
-Live Info-
-Calendar-
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
-Access Counter-
2010年9月27日から計測開始!
-Twitter-

Drakskip < > Reload

リンク