ヨーラン・モンソン氏との待望の共演!

スウェーデンの笛の魔術師ヨーラン・モンソンと
ドレクスキップのコラボレーションライブが
近づいて参りました!
6月1日、大阪にて。

こんばんは、ヴィオラの野間です。
じわりじわりと近づいてきた、待望のライブについて少しお話します。

今回共演することになったヨーラン・モンソンは
4代続く伝統音楽家の家系出身の、伝統音楽フルート奏者です。

私が彼の名前を知ったのは...
おそらく8年前。
スウェーデンの伝統音楽の世界を発見したばかりのころ、
スウェーデンやら英語やらのサイトで情報を漁っている中で
Droneというレーベルから出ていた彼の初のソロアルバム「インランド Inland」を試聴したのが、
ファーストコンタクトです。

当時は本当にスウェーデンの音楽に触れたてのころで
CDを購入するには至りませんでした。
その理由は、私がフルート奏者でなかったこと、
バンド演奏により興味があったこと、
そんなところにあったのだと思います。

今聴き直してみると、ユニークで、とても挑戦的なアルバムです。
その革新性は、今でこそ理解できる・・・という内容でした。


次にヨーランの名前を意識したのは
無印良品のBGMシリーズ8番の中でです。
私がスウェーデン音楽に傾倒する理由をつくった「ヴェーセン」のメンバーが参加していたので入手。
スウェーデントラッドを、
ユニークな楽器の組み合わせでライトでシンプルに聴かせてくれる
優良盤でした。
(ニッケルハルパとジャズピアノ、ヴィオラが伴奏を取るチェロとのデュオ、トリアケルというバンド・・・等々。)
ヨーランはギターとのデュオで収録されており、
お互いがメロディと伴奏をしていました。
心地よい音色を奏で、
曲の美しさをまっすぐ表現する実力を持ったプレイヤーであると同時に
他の楽器を支えるバックグラウンドの広さを感じました。
後に、そのデュオを中心としたソロアルバム「Mon モン」が発売されました。


さらに後、
もともとチェックしていたフィンランドのバンド「Gjallarhorn」がメンバーチェンジすると聞き、
デジュリドゥ奏者の替わりに入ってきたのがヨーランでした。
ずいぶん音楽が変わってしまうではないかと思いながらも新譜を買うと
よりアグレッシブな上に繊細さが足され、魅力的なバンドになっていた・・・
その重要な役割をヨーランが受け持っていました。
たゆとうような音色のリコーダー類と共に、
コントラバスリコーダーにエフェクターをかけたような音色で
うねるベースラインを作り出している・・・
プログレかと思うような側面もみせるCDでした。

よい映像があったので載せます。

ちょっと低音弱めに調整されてしまっているのが惜しいですね。
余談ですが、パーカッションもとても良い。(ナベリスペクトのプレイヤーです。)


そして、来日時に手に入れた彼の看板バンド「Göran Månsson Band
来日記念盤での印象が最新のものです。
先にあげた印象を合わせると、このCDのようになりました。
伝統音楽を大切にしながら、楽器や音色を繊細にとらえつつもとても実験的である。。。
もともと笛という楽器がスウェーデン音楽の軸から遠かったということを
強みにしているのでしょう。
それにしてもすごい好奇心だなと思います。
バンドは9月来日予定です!


今回はそんなヨーランとドレクスキップが
しっかり絡むプログラムを用意しています。
私的には、ドレクスキップにとって一番足すことに意義のあると思っているフルート。
そして伝統音楽の軸をとらえた本場の一流演奏家との共演。
楽しみで仕方ありません。

----------------------
ホクオウオンガクマツリ 白夜に衣替え
【時間】開場19:00 / 開演19:30
【料金】前売¥3,000 / 当日¥3,500(要オーダー)
【出演】Drakskip / ヨーラン・モンソン(from SWEDEN)
【会場】大阪 アナザードリーム
【予約】e+(チケット予約ページはこちら
    ファミリーマート併設のファミポートからもお買い求めいただけます。
    ハーモニーフィールズチケット購入ページ
    電話予約 06-6212-6258(アナザドリーム)
-Menu-
-Live Info-
-Calendar-
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
-Access Counter-
2010年9月27日から計測開始!
-Twitter-

Drakskip < > Reload

リンク