多角的ライブレポート 1stアルバム発売記念、東京ツアー編その2

6月28日(日)
CD発売記念・東京ツアー(やり直し編)、二日目&帰り道です。

二日目はばたばたしました。
前日の深夜ラーメンのせいか、まず朝寝坊です。

お昼ごはんを近くのショッピングモールに済ませ、CD屋さんなどに挨拶。
東京でも、渋谷でも、池袋でも、僕らのCDが売られているだなんてー!

そしてすぐに西早稲田にあるBLUE DRAGさんへ。
新装開店していて、前よりもアーバンな雰囲気です。
とくに駐車場の床がガラス張りで、ステージが上から丸見えなのには驚き。車が浮いてるみたいで少し不思議です。
(一階駐車場・地下一階ライブ会場です)

皆さんお気づきと思いますが・・・写真が今回は少ないでしょう?
この日は立派な雨の日で、メンバーの誰もが写真をとっていないのです。

MIP(Modern Irish Project)のフィドル愛子ちゃんとギター長尾さんは、前東京ツアーの対バン「ナギィ」のメンバー。
でも、再会を喜ぶ前にお互いのリハを見たり、音バランス聴いてもらったり、
ライブでの再会は、言葉より音楽を先に聴くことが多いものですね。
そして、MIPはめっちゃかっこよく、渋くて刺激的です。知っていましたが、目の前にするとそれがビシビシつたわります。

この日はMIP→ドレクの順。
リハのときからそうですが、MIPの音楽にすごく触発されるというか、煽られました。音楽が豊かであるのはもちろん、同年代であることもすくなからず関係しています。
Modern Irish Projectはドレクとは違った音楽のつくりをしています。
華麗なフィドルがラウンドを増すごとに即興を重ね、ギターがそれに応えるように・煽るように増幅し、ドラムがそっと寄り添い支える。
芯の部分はとても役割分担が明確で、そして鋭い。
触発されました。そして単純に好き。

会場はあったまり、ドレクの番です。
でも、ライブのセットリストは見つかり次第・・・


最後にはセッションを。
アイリッシュトラッドをネタに、完全インプロソロ回しを全員でやりました。
ぼくはそりゃもうテンションの高くがつがつ弾きました。
ソロと伴奏陣の押し引きや、ぶっつけ感がおもしろかったですね。

ライブ後はあまりゆっくり出来なかったですが、みんなで写真!
MIPすばらしかったです。むしろ僕らがおなかいっぱい。
628.jpg


さあ、そしてライブツアーは帰るまでがなんとやら。
エモは静岡の親戚に会うため別行動、ナベを自宅に送り、また350kmの帰路を
こんどはゆーすけと2人です。まったくキビシィなあ!
なにせ、どちらかでも寝たらいろんなイミで終りですからね。


帰りは急がず安全運転で。同じ道で帰るのもつまらないし、涼しい山梨や長野を通ることにしました。

090629_0224~01
真夜中のSAは無駄にイルミネーションがあるらしい。
ぴかぴか光る女性用トイレの前。なぜ男性用は光らないのか。


090629_0523~01
すぐに夜は明けてきました。朝日とともに寝てないからだが起きようとします。
人間ってこんなに文明の中でくらしても、自然とつながってるなって思います。
長野は空気も澄んで、むしろ肌寒かったです。

ちいさな庭園があるSAで休憩。木々とおなじポーズをとろうとするゆーすけ。
こんなことでもしないとテンションが持ちません。
090629_0539~01



朝食は、SAにあるすき屋で。
となりになぜかシュークリームコーナーを発見。さいしょびっくりしました。シュークリームたちが浮いている!
なぜ彼らは高いところに居るのか。ディスプレイするならもっと目線にやさしいところにしてくれ・・・。
090629_0746~01


そして遺跡風トイレット。このSAかっこいいなー。
疲れた体はこんなものでも癒されるのか。
90629_1051~01



昼には無事京都につきました。
あーよかった。ホントによかった。
帰ってくること自体にも、大きな意味があるものです。
東京のみなさん、来てくれたお客さん方、ブログまで見てくれているあなた、ありがとうごさいました。コレ、CD発売記念・東京ツアー(やり直し編)ですよ。

ふたりで道中の苦労を小さくねぎらって、ふたりに無事を連絡して、
今回のツアー(ノマ視点)はおわりました。









-Menu-
-Live Info-
-Calendar-
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
-Access Counter-
2010年9月27日から計測開始!
-Twitter-

Drakskip < > Reload

リンク