スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/19(日)年末ワンマンin京都(ネガポジ)

注意!! 
今回の日記はものすごーーく長いので、今一度深呼吸をして、気合いを入れなおしてからスクロールしてください。



はいスタート!!!!



今年もいよいよ最終日!!大晦日ですよ!!パーカッションのなべです!!

僕の実家の綾部は雪が40cmくらい積もってます!!ヤバいです!



おいといて。



先日12月19日に今年最後の集大成となるワンマンライブを陰陽(ネガポジ)にて行い、
たくさんの方に見守られながら今年の『ワンマンライブ納め』を無事終えることができました。


大晦日ということで、ブログも集大成!!ということで、ネガポジの分を今日の今日までずっと
温存しておりました。





決して僕の怠慢で先延ばしになってたわけじゃないですよ!!!




まあ、言ったもん勝ちということで、、、、(笑)




さてさて、最後のワンマンなので、ちょっと気合い入れて書いていきたいと思います。





まずはライブ全体のレポート!!





思えばネガポジは僕たちがはじめて演奏したライブハウス。

その頃はみんな普段着でステージに上がり、MCもノープランでなんとなくグダグダ話し、みんな普通の楽器しか持ってなかった時代です。

その頃は客席もガラガラで、少ない時は10人にも満たないような時もありました。



それが気がつけば、いつの間にか衣装でステージに上がり、MCもそこそこ考えるようになり(まあそこそこですが(笑))、エモはよくわからない北欧アンティークのような楽器を手にし、野間は日本で彼しかもっていないような楽器を入手し、ゆうすけは弦が倍になり謎のチューニングを施しだしました。僕に至ってはあまり客席から見えなくなってきています。


来年でいよいよ結成5周年となるこの節目を前にして、成長した僕らを見に集まって頂いたお客さんで僕たちが初めてライブをしたネガポジが埋め尽くされました。

立ち見まで出ました。


本当に嬉しいです。


今回は僕たちのできる限りの演奏、演出でお客さんに精一杯の恩返しをしようと必死で取り組みました。


まさに集大成ですね。


自分たちではまさか二時間もライブをしたという感覚がなく、一瞬で時間は過ぎました。


皆さんにとってもそういう時間であったならばいいなと思います。


最後アンケートを読ませていただいて、楽しかったというアンケートが非常に多く、僕たちとしてもやってよかったと思えるライブでした。


が、、、やっぱりまだまだです。ライブが終わった後も満足感と達成感と同時にまだまだやれるという気持ちがとてもあったので、この気持ちは来年につなげたいと思います。


というか満足しちゃった時点で終わりですからね(笑)


でも今回のライブは今のドレクの実力を十分に発揮できたというか、象徴してたかなと思います。


来年はもっといい演奏できるよう頑張ろうと改めて思いなおしたライブでした。


ライブ終了後、エモがネガポジのどんぶりをおいしそうに食べているのを見ながら、自分はダイエットダイエットと思いながら我慢してるのが辛かったです(笑)

ネガポジの丼は半端なくおいしいのです。

来年は痩せるぞー!(私事)




次はライブのセットリスト!!




今回はスペシャルです!!

その日のセットリストを振り返ると同時に、今年のDrakskipも振り返って行きたいと思います。





前半




一曲目 風見鶏のポルスカ/野間の曲

何気にファーストアルバムのタイトル曲ですね。でも今年の演奏回数的にはそこまで多くなかった気が、、、
スウェーデンの変則3拍子を取り入れた少しマニアックな曲ですが、仕上がりは意外とPOP。

キメの部分でみんなで一番顔を見合わす曲のような気がします。今年一年でなかなか壮大な曲に成長したような気がします。



二曲目 キャプテンキャプシール/Vasenの曲

でました!僕らの敬愛するVasenの代表曲ですね!!こんなに勢いのある3拍子ってあるんですか!?という感じの曲です。

一時期なかなかうまく演奏できなくて、悩んだ時期もあったのですが、最近の練習中に少し感覚をつかんだ結果、見事にここ最近のライブのヘビーローテーション入りを果たしました(笑)

特にストリートライブでは『じゃあまずキャプテンで!』がお約束となっております(笑)

野間に『キャプテンみたいな曲書いて!』とよく言うのですが、なかなか難しいようで、、、この曲とてもよくできてます。



三曲目 パイクマン/Vasenの曲

この曲は去年、結構な頻度でやっていたのですが、最近はめっきり登場回数が減り、今回のライブでかなり久々の登場。

『ネガポジの雰囲気と合うんじゃない(笑)?』という安易な理由から引っ張り出してきました。

くらーーーい雰囲気が独特なので、なかなかセットリストに入れづらく、しかもがっつり音響が入っていないとあまりお聞かせしたくない玄人好みの曲ですね。

そういえばドレクは今年ライブハウスでの演奏はほとんどなかったような気がします。いつの間にかカフェバンドに(笑)さあ、来年はどうなるでしょう。



四曲目 アップステアーズポルスカ/Vasenの曲

いとしさと切なさと心強さと。そんな曲です(笑)

この曲もやや暗めなのですが、こっちはそこそこ登場回数多かったですね。

確かに暗めなんですが、こっちは哀愁のなかに力強さがあるというか、パイクマンと比べると比較的聴きやすいかなと思います。

そんなわけでこの曲好きです(笑)



五曲目 星と人/野間の曲

『野間、あいつハワイに一週間も行きやがって、その間ドレクどうすんだよ!!?』っていうみんなの不満を、ばっちりいい曲を作ってくることで解消してくれました(笑)

身内を褒めるのはあんまり気乗りしないですが、これは


ええ曲


です。

この曲が完成してからというもの、ほとんどのライブで登場しました。僕の出番が少ない曲なので、本番中も結構聴き入ってたりします(笑)



六曲目 熟れた果実/大森ヒデノリさんの曲

ここぞ!!というライブで出てきてたことが多かったような気がします。

とりかかった当初は意味不明な変拍子にみんな死にそうになっていましたが、今となっては軽く口ずさめるくらいになり、自分たちの成長を少し実感しています(笑)

大森さん、今年もお世話になりました。





後半




一曲目 相対性理論/野間の曲

なんで急にライブでやる回数が減ったのかは謎ですが、なぜか少しずつ登場が減ってきた曲。

本当になぜかわかりません(笑)

でもお客さんからよく『やってほしい』と言われる曲。あまりにもリクエストが多かったので、『じゃあやるか』
といった感じで二部の頭というオイシイ位置での演奏に。

最初のころは『それでは聴いてください!相対性理論!』と言ったら、笑いがおきたくらいだったのですが、今となっては拍手がおこることも。

成長したね、キミ(相対性理論)



二曲目 グレーベ/Vasenの曲

僕が東京に行っている間(今年の6月まで)に3人でよく演奏していたという曲。この曲は結構かっこよくて、『そのうち俺いらないとか言われないかな』と妙な心配をしてた時期もありました。

俺がいないとまだまだだな!!

と強がってみる。

ていうか四人でこそのドレクなので(笑)

でもこの曲は聴いてて楽しいです。



三曲目 ロックハーバードライブ/エーダンオルークさんの曲

最近ご一緒したLAUのフィドラー、エーダンオルークさんのソロプロジェクトのCDに入ってる曲です。

この曲、原曲は管楽器が入っていたり、ドラムが入っていたりとやたら豪華な曲なのですが、四人なりになんとかいい感じにアレンジできたのではないかと思います。

学生時代からずーっとやってきていまだに人気曲のTOP3くらいに喰い込んでくる曲。さすがエーダン!!

今回のネガポジではイントロに新たなアレンジを加えて演奏しました。今後もどんどん進化させていきたいですね。



四曲目 All I need/スコットランドの伝統曲とエモのオリジナルの融合


この曲にはかなりお世話になりました。ドレクの曲の中で最もPOPな曲の一つですね。分かりやすい構成に分かりやすいメロディー。しっとり聴かせたいところではこの曲がよく登場しました。

ファーストアルバムにも入っているのですが、結構テンポが速い(笑)

やり始めたころは更にもっと速かったんです。年を重ねるごとにだんだんとゆっくりになっていく曲。

落ち着き始めたのかな(笑)



五曲目 30年ジグ/Vasenの曲

え!最後のライブにこの曲!!?っていうくらい、ずーーっとやってこなかった曲。このライブのために改めて練習しなおした曲。

『楽しく演奏する』という音楽の根底にあるものを思い返させてくれる曲です。

来年はこの曲の登場回数が増えそうですよ(ニヤニヤ)



六曲目 Glay but blue/エモの曲

ファーストアルバムにはこの曲とFiona's reelという曲のセットで収録されてますが、もともと幻のファーストCD(手焼きのCD-R)にはこの曲のみで入ってました。

北向く風見鶏が出たときに、『なんでこの曲を分けて収録しなかったんですか!?』と言われたこともありましたので、今回は一年ぶり以上くらいに単体で演奏しました。

何気にイントロとアウトロのリズムが難しいんです。3拍子を半拍ずつずらしていくという荒技にみなさんお気づきでしょうか?

スピリチュアルな感じが好きです。



七曲目 二つの眼/野間の曲

やっとポスト浮雲となる曲が仕上がったとみんなで喜びました(笑)

今まで浮雲以外で最後をノリノリで飾れる曲というのが僕達的にはなかったので、『やっと浮雲以外で終われるー!』という嬉しさがありました。

やってて楽しいですよ。この曲。



アンコール1 浮雲/野間の曲

でもやっぱり最後はこの曲(笑)

これは説明はいらないですね。はいそうです。鉄板です。

でもこの曲、自分たち的にはまだまだうまく演奏できるはずと信じてやまない曲。

来年でまた更にいい浮雲を聴かせられるよう頑張ります!!



アンコール2 オッターゾイ/イスラエルの伝統曲

でもでもでもやっぱり〆はこの曲!お鍋の後のうどんとかおじやみたいなもんです。

これでおなかいっぱいになって下さいよという曲です。

これは曲の完成度とか無視して、ただひたすらにテンションです。楽しけりゃいいんです。

もともと僕らの出身サークル、出前ちんどんで伝統的に演奏されてきた曲なので、その曲を多くの方に気にいっていただけて僕たちも嬉しいです。






と、こんなわけでドレクスキップの集大成ライブは無事に終えることができました!!


お越しいただいた皆さん、応援して下さった皆さん、ありがとうございました!!!!








え?なんで写真が一枚もないのかって?


みなさん、僕たちの演奏は生で見て頂いてこそのものです。写真にはおさまりきらない感動がLIVEにはあるのです。なので、みなさん!!是非ライブにお越しください!!そういった意味も込めて今回は写真を載せませんでした!




という写真を撮り忘れた僕のいいわけでした。写真を撮り忘れてメンバーに怒られたので、償いの意味も込めてボリュームたっぷりでお届けしたネガポジライブレポートでした。

すいませんでした。

ちゃんちゃん
-Menu-
-Live Info-
-Calendar-
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
-Access Counter-
2010年9月27日から計測開始!
-Twitter-

Drakskip < > Reload

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。