スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手&北海道ツアー1~in 花巻~

こんばんわ、フィドルの榎本です。

さっそく今回のツアーを昨日のハイライトと共に振り返ってみましょうか!!


〇22日の0時に京都を出発

今回のツアーは今までで一番遠くに行ったんじゃないでしょうか?

いつもツアーにはネタでポップスのCDを僕チョイスで持っていくのですが(野間とユースケはいつも大ブーイング)、今回はナベの要望もあり僕のCDの中からLimp Bizkit(ヘビーなロック?てかほぼ叫んでる)を持参。
ナベ運転、僕助手席でシャウト、ヘドバンをしながらツアースタート!!

石川県あたりで日が上りはじめ、その時にヴェーセンの「ハンガリーで一時間を」聴いていたのですが...
音楽と景色の融合がすばらしくてしばらく無言で見とれていました...

日が上りきったところで僕はおやすみなさい...zzz




〇22日15時頃  岩手は花巻市に到着!

目が覚めたらそこは岩手県でした。
いやぁ~よく寝た!!

予定では18時頃到着だったので大分早く着いてしまいました。
ライブをさせていただく開店前の「The Keg」さんにお邪魔して花巻お勧めのモノを伺うと「マルカンと温泉」だそうで、さっそくGO!!

マルカンとは花巻にある老舗のデーパートでして、そこの食堂で遅いお昼御飯にしました。
さらにマルカン名物ソフトクリームがこちら↓↓

花巻3

デカイ...
これをハシで食べるそうです。

食後は温泉へ。
露天風呂から見える景色が最高!!
静かな山々に囲まれて癒されてきました...

かなり花巻を満喫してからライブ会場へ。



〇22日18時頃  花巻市のアイリッシュパブKEGさんにてライブ!!

花巻1


今回のライブは東北在住のアイリッシュ&フレンチカナディアンのデュオ「Trad」さんとのライブでした。
ピアノとフィドルのデュオTradさんはなんとご夫妻!!
しかも結婚を期に2人の活動を始められたそうで。

なんて微笑ましい...そーゆーのいいなぁ...

花巻2


しかも花巻在住のバグパイパー「Wallace」さんが飛び入りで参加!!
まさかココでバグパイプが聴けるとは思わなかった!!

花巻4


Tradさんのご好意でドレクスキップは2ステージもやらせてもらう事に!!
踊りだす人も出てきてかなり盛り上がってくれました。
感謝ですm(_ _)m


ライブ後はThe Kegの料理を堪能(パスタとシェパーズパイとロコモコ)

な、なんじゃこりゃ~~!!!

旨すぎる~~!!
写真を撮る暇も無くメンバー一同ガッツいてしまいました。。。すんません



〇23日0時頃   花巻市を後にし、青森はフェリー乗り場へと向かう。

いつもならココで終わるライブレポート、しかし今回はまだあるのです。
花巻に別れを告げて青森へ出発!!

野間運転、僕助手席。

実は夜中のフェリーが予約いっぱいで朝8時のフェリーを予約したのですが、4時半のフェリーにキャンセルが出るかもという淡い期待と共に出発。

しかし岩手から青森の道なりは意外と遠く。朝からの疲れとライブの疲れと温泉のリラックス効果ご相々乗効果となり眠気が...

ついに野間は津軽PAでダウン。
時刻3:30
もう無理だろう、8時のフェリーに乗ろうと僕は諦めたところ







3:45 野間復活



彼の追い上げは素晴らしかった。ラストスパートとはこの事を言うのだろう。
彼の動き全てがスローモーションに見えた


4:25に青森港に到着

僕はチケットカウンターへ走った...野間の命を無駄にしない為に



「4:30のフェリーの空きはまだありますか?」

「ありますよ。」





花巻7


こうしてツアー一日目は終わりを迎えましたとさ。

Tradさん、このライブを企画してくれて
The Kegさん、おいしい料理と素晴らしい場所を
Wallaceさん、懐かしい音と音楽を
ライブに来てくれた皆様、暖かい拍手とお言葉を

ありがとうございました!!本当にお世話になりました!!






本州バイバイ

花巻5



-Menu-
-Live Info-
-Calendar-
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
-Access Counter-
2010年9月27日から計測開始!
-Twitter-

Drakskip < > Reload

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。