スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月22日(火)アレメッレル・バンド観てきました!

今回はヴィオラの野間です。お久しぶりですね。
先日、ドレク四人そろってライブに行きました。
それは最近僕らのライブでもフライヤーを配っていた「アレメッレル・バンド」大阪公演。

僕は1stアルバム発売時からファンで、ドレクでもいくつかカバーしている曲があったくらいなのですが、
まさかこのバンドを日本で見れるとは思っていませんでした。
だってメンバー多くて渡航費嵩みそうで。
スウェーデン伝統音楽の世界をおもしろくしたパイオニア、アレメッレルを中心に
生で見たいミュージシャンだらけ!
ワークショップにも参加したのですが、どちらもとびきりの「楽しい」時間を過ごしました。

様々な国の生まれのメンバー達ですが、みんなとてもおおらかで楽しい人たち。
バンド自体が優しく、愛情ある空気を共有していたのが印象的です。
いいバンドなんだろうな、ということが十分に伝わってきました。



ライブでは次々と曲が展開していき、スウェーデンの伝統曲からアフリカの歌、ギリシャの音楽、
そしてオリジナル曲とが境目なくひとつの曲、ひとつのステージになっていく・・・
すごい、というよりもう感動的です。
聴き手にコーラスや合いの手で参加させたり、不思議な楽器が飛び出し、踊り飛び回り逆立ちし、
笑いが止まらないくらい楽しい!
合間に入る各人のソロコーナーでは唸らせる巧さ。
もちろん、バンドの音楽はすばらしかった。


ライブ後にメンバーと話すことができて、
ドレクスキップの名前おぼえてもらいました!
ワークショップの日に偶然演奏を見てもらえたんですが、すごく気に入ってもらえたんです。
いやあ、作曲(二つの眼だったはず)も褒められて、うれしい限り。
お互い、再会を楽しみにしよう、と話しました。





今日、僕は音楽の幸せな形のひとつを見た、と思いました。

生きていればつらいことや煩わしいこともやっぱりあるが、
昔から、世界中で、そんなことを音楽で吹き飛ばしてきたんだな、と。
このバンドは、世界の音楽が手を取り合って、みんなで笑い飛ばしているんだ。。。
そんな人たちに連なりたいものだ。



最近いろいろと忙しい(うれしいことに!)日々なのですが、
いい日でした。



時間がなかったので、アレとだけですが写真を。
やたら楽器出来て、最高にたのしーおっちゃん!
写真


スポンサーサイト
-Menu-
-Live Info-
-Calendar-
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
-Access Counter-
2010年9月27日から計測開始!
-Twitter-

Drakskip < > Reload

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。